SPECcpu2000 にみるプロセッサの性能

作成日:2001.10.28
更新日:2006.02.05

過去の変更ログはここ
過去に掲載したデータは ここ
IA-64 と x86-64 のビルドメモは ここ

SPEC は色々なベンチマークを策定・提供している。 その中でも CPU の性能を見る SPECcpu ベンチマークは有名である。

SPEC のページから代表的なプロセッサについて SPECcpu2000 の結果を 抜き出した。
同じプロセッサについて 何種類もの結果が登録されているが、 もっとも高い数値のものを 選んでいる。
各ベンチ毎にコンパイラオプションを最適化した peak 値をグラフ化 ( base 値は括弧内に掲載)

ブラウザの横幅を広げて見た方がいいです。


2006.02.05

Intel Core Duo T2600 のスコアが登録されたこと。 しかもこれ登録したのは Lenovo で、計測マシンは ThinkPad T60。 ノートパソコンの SPEC CPU2000 登録は初ではないだろうか? CINT2000 は int2000 が 1,754、int_base2000 が 1,748CFP2000 は fp2000 が 1,580、fp_base2000 が 1,581fp2000 スコアと fp_base2000 スコアが逆転している。 逆転するなら fp2000の設定 = fp_base2000 の設定にしときゃいいのに。 Intel 自身が測った Pentium4 with HT Extreme Edition の計測にも、 1830(1833) という逆転があった。 計測誤差ではないように見える。 なぜ差がつかないかは謎。

IBM POWER5+ 1900MHz の正式なスコアが出たので、 int2000 が 1,513 で fp2000 が 3,030 となる。 FP 性能はあいかわらず速い。

ライバルの富士通の SPARC64 V 2160MHz は 1890MHz から int2000 が 1,345 → 1,620 に、 fp2000 は 1,803 → 2,236 に。 1890MHz が Sun Studio8 + Fujitsu Parallelnavi 2.3 だったが、 2160MHz では Sun Studio 11 に。 Sun と富士通のサーバ統合で、Sun のコンパイラが SPARC64 をサポートしたのが効いたのかしら?

他、Intel 系のプロセッサをいくつか更新。


2005.10.06

久しぶりに新規追加。
追加分に new の印をつけた。


2005.05.17

SPEC CPU2004 の正式公開を前にして 2005 年を迎え、オーバーワーク気味の SPEC CPU2000。 周波数やキャッシュを強化、ソフトした CPU がまだ少しづつ登録されているようだ。

昨年末の時点でのプロセッサーアーキテクチャ別の性能順位をつけると int2000 は Athlon 64 FX-55 (2.6GHz) > Pentium4 with HT Extreme Edition(3.46GHz) > Itanium2 (1.6GHz) > Pentium M 755 (2.0GHz) > POWER5 (1.7GHz) の順、 fp2000 は Itanium2 (1.6GHz) > POWER5 (1.9GHz) > P4 wHTT EE (3.80GHz) > SPARC64 V (1870MHz) > Athlon 64 FX-55 (2.6GHz) という順位だった。

POWER5 1.9GHz と周波数の向上はないが、 int2k 1452、 fp2k 2796 と 微妙に性能向上。 Itanium2 の 1.6GHz のもつ fp2k 2712 を少し越えて一位に。

SPARC 系では SUN の UltraSPARC III が 周波数を 1.6GHz まで上げてきたが int2k 845、 fp2k 1353 と焼け石に水の状態。 富士通の SPARC64V は周波数の向上はないが、 コンパイラがよくなったのか int2k 1344、 fp2k 1973 と fp 系が少しづつよくなっている。

IA-32 系だと AMD Opteron 252 (2.6GHz)、Pentium4 EE (3733MHz)、Xeon (3.6GHz、L2:2MB) などが公開。 Opteron と Pentium4 の fp が 2,000 越えを達成。

現在のプロセッサーアーキテクチャ別の性能順位は int2000 が Athlon 64 FX-55 (2.6GHz) > Pentium4 with HT Extreme Edition(3.46GHz) > Itanium2 (1.6GHz) > POWER5 1.9GHz > Pentium M 755 (2.0GHz) の順、 fp2000 が POWER5 (1.9GHz) > Itanium2 (1.6GHz) > Opteron 252 (2.6GHz) > P4 wHTT EE (3.733GHz) > SPARC64 V (1870MHz) となる。




灰色の網掛けしたデータは、www.spec.org に登録されていない非公式なデータ。

Processor Clock CINT2000 CFP2000 Machine
Itanium2 new1666MHz (1502) (2851)  2 L3:9MB / 日立 BladeSymphony
Itanium21600MHz 1590(1590)  4 2712(2712) L3:9MB / HP Integrity rx4640-8
Dual Core Opteron 280 new 2400MHz 1698(1492) 2014(1779) L2: 1024KB / Linux
Opteron 154 2800MHz 1915(1729) 2184(2026) L2: 1024KB / Linux
Opteron 154 2800MHz 1956(1837) 1929(1778) L2: 1024KB / Windows XP
Opteron 254 2800MHz 1829(1660) 2344(2132)  3 L2: 1024KB / Sun Fire X4100 / Solaris 10
Opteron 252 2600MHz 1796(1684) 1742(1664) L2: 1024KB / Windows Server 2003 / ICC 8.0 + IFC 8.1 + PGI 5.2
Opteron 252 2600MHz 1759(1579) 2045(1867) L2: 1024KB / SuSE Linux 9.1 (AMD64) PathScale EKOPath v2.0
Opteron 250 2400MHz 1584(1416) 1771(1648) L2: 1024KB / SuSE Linux 8.0 / PathScale EKO Compiler
Opteron 150 2400MHz 1487(1369) 1644(1591) SuSE Linux 8.0 SLES (64-bit)
gcc 3.3 + PGI Fortran 5.1
Opteron 150 2400MHz 1655(1566) 1528(1439) Windows XP (32-bit)
Intel Compilers 8.0 + PGI Fortran 5.1
Athlon 64 FX-572800MHz 1929(1745) 2261(2086) L1:64KB(I)+64KB(D) L2:1MB(I+D) PC3200 DDR
Linux
Athlon 64 FX-572800MHz 1970(1862)  1 1894(1814) L1:64KB(I)+64KB(D) L2:1MB(I+D) PC3200 DDR
Linux
Athlon 64 FX-552600MHz 1854(1750) 1782(1741) L1:64KB(I)+64KB(D) L2:1MB(I+D) PC3200 DDR
Windows XP SP2 + ICC + IFC + PGI
Athlon 64 FX-532400MHz 1700(1601) 1597(1504) L1:64KB(I)+64KB(D) L2:1MB(I+D) PC3200 DDR
Windows XP SP1a + ICC + IFC + DVF
Dual-core Xeon new2800MHz 1382(1377) 1593(1572) L2:2MB、PC2-3200 / 800MHz
Xeon MP3666MHz 1567(1556) 1717(1694) L2:1MB、PC2-3200 / 667MHz bus
Xeon MP3000MHz 1408(1379) 1283(1270) L2:512KB、L3:4096KB、DDR200 / 400MHz bus
Xeon MP2800MHz 1234(1204) 1120(1103) L2:512KB、L3:2048KB、DDR200 / 400MHz bus
Xeon new3800MHz 1813(1813) 1946(1945) L2:2048KB、DDR2-400 / 800MHz bus
Xeon3800MHz 1821(1810)  3  1934(1898) L2:2048KB、PC2-3200 CL3 / 800MHz bus
Xeon3600MHz 1712(1675) 1825(1800) L2:2048KB、PC2-3200 CL3 / 800MHz bus
Xeon3600MHz 1718(1697) 1807(1800) L2:2048KB、DDR2-400 / 800MHz bus
Pentium D 8403200MHz 1490(1492) 1766(1758) L2:1MB
Pentium4 670 new3800MHz 1863(1857)  5  2091(2088) L2:2MB
Pentium4 6503400MHz 1661(1661) 1921(1921) L2:2MB
Pentium4 with HT
Extreme Edition new
3800MHz 1830(1833) 2118(2112)  5  L2:2MB
Pentium4 with HT
Extreme Edition
3800MHz 1671(1666) 1842(1839) L2:2MB、PC2-4300 DDRII 533
Pentium4 with HT
Extreme Edition
3733MHz 1796(1793) 2016(2013) L2:2MB、PC2-4300 DDRII 533
Pentium4 with HT
Extreme Edition
3460MHz 1772(1701) 1724(1719) L2:2MB、PC2-4300 DDRII 533
Pentium4 with HT
(Prescott Core)
3400MHz 1491(1432) 1485(1481) L2:1024K、PC3200 / 800MHz bus
Pentium4 with HT
Extreme Edition
3400MHz 1705(1666) 1556(1544) L2:512KB、L3:2MB、PC3200 / 800MHz bus
Pentium4 with HT
Extreme Edition
3200MHz 1620(1583) 1494(1475) L2:512KB、L3:2MB、PC3200 / 800MHz bus
Pentium4 with HT3400MHz 1369(1325) 1306(1295) L2:512KB、L3:512KB、DDR400 / 800MHz bus
Core Duo T2600 new2167MHz 1754(1748) 1580(1581) Lenovo Thinkpad T60
Pentium M 7802260MHz 1839(1839)  2 1375(1355) L1: 32KB(I)+32KB(D) L2: 2048KB(I+D)
Windows XP Pro SP1
Pentium M 7552000MHz 1541(1528) 1088(1087) L1: 32KB(I)+32KB(D) L2: 2048KB(I+D)
Windows XP Pro SP1a
Pentium31400MHz 664(648) 456(437) Dell PowerEdge 1500SC
Athlon XP 3200+2200MHz 1080(1044) 982(873) L1: 64KB(I)+64KB(D) L2: 512KB Bartonコア
Asus A7N8X PC3200 DDR(CL2.0)
Athlon MP 2600+2133MHz 781(751) 650(602) L1 64KB(D)+64KB(I) L2 256KB Thoroughbred
PC2100(DDR SDRAM CL2)
Alpha 213641300MHz 994(904) 1684(1279) hp AlphaServer GS1280 7/1300
L1 64KB(I)+64KB(D) D2 1.75MB
HP PA-8700+ 875MHz 674(600) 678(642) hp workstation c3750
UltraSPARC III 1600MHz 845(739) 1353(1200) Sun Blade 2500
L1:32KB(I)+64KB(D) L2:1MB
SPARC64 V new 2160MHz 1620(1501) 2236(2094)  4  Fujitsu PRIMEPOWER650
L1 128K(I)+128K(D) L2 3MB
SPARC64 V 1890MHz 1345(1174) 1803(1510) Fujitsu PRIMEPOWER650
L1 128K(I)+128K(D) L2 3MB
POWER5 new 1900MHz 1513(1470) 3030(2839)  1  IBM System p5 520 / AIX5L
POWER5 1900MHz 1452(1392) 2796(2585) IBM eServer p5 595
POWER4+ 1700MHz 1158(1064) 1776(1642) IBM eServer pSeries 665
L3 128MB
PowerPC 970 2200MHz 1040(986) 1241(1178) IBM eServer BladeCenter JS20
MIPS R14000600MHz 500(483) 529(499) SGI Origin 3200 1X 600MHz R14k
L1 32K(I)+32K(D) L2 8MB(I+D)
以下は非公式なテスト結果 (値は base 値)
実測値でないものを含むので、このスコアを単純に信じてはいけない。
PowerPC 7450 (G4) 800MHz (242) (147) PowerMac G4 Dual 800 (*1)
PowerPC 7450 (G4) 866MHz (259) (153) PowerMac G4 866 (*1)
PowerPC 7455 (G4) 1GHz (306) (178) PowerMac G4 Dual model(*1)
Pentium III 1GHz (309)   (*2)
PowerPC 7455 (G4) 1.25GHz (500)   Apple Machine + Linux 2.4.19 + Diab 5.1p + libmotovec.a
PowerPC 970 2.0GHz (800) (840) PowerMac G5 (measured by VeriTest) (*3)
PowerPC 970 1.8GHz 828 1036 Estimate by IBM
PowerPC 970 FX 2.0GHz 890 1100 Estimate by IBM
PowerPC 970+ 2.5GHz 1082 1361 IBM predicting


(*1)
Mac OS X + GCC 2.95.2 + Absoft ProFortran 7.0
FSB 133MHz + 512MB(133MHz SDRAM)

(*2)
Linux + GCC3.0
FSB 133MHz + 512MB(133MHz SDRAM)

(*3)
MacOS X 10.2.7 + GCC 3.3 + NAGWare Fortran 95 compiler 4.2

コメント

トラックバック   [Trackback URL: http://www.nminoru.jp/cgi-bin/tb.cgi/memo__spec__spec_cpu2000]
コメントを書き込む

TOP    掲示板    戻る
Written by NAKAMURA Minoru, Email: nminoru atmark nminoru dot jp, Twitter:@nminoru_jp