NAKAMURA Minoru の日記 (2021年11月)

先月の日記(2021年10月) 今月の日記(2021年11月) 来月の日記(2021年12月)
2002 | 10 | 11 | 12
2003 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2019 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2020 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2021 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
ホームページ | 最新のコメント50
インデックス: 食べ歩き | Java | プログラム | UNIX | 画像
最新の日記へのリンク | この日記ページをはてなアンテナに追加 この日記ページをはてなブックマークに追加
はてな ダイアリー アンテナ ブックマーク ブログ
Twitter | mixi | Facebook | Google+
slideshare | github | Qiita



11/10 (水)

Azure Virtual Machine のネットワーク

Azure の Virtual Machine 用のイメージは AWS 用のものと比べて作成が難しい。 一言で言うと Azure 用の VM(カスタムOSイメージ)は para-virtualization 用のものを作成しないと、起動すらしない。 特殊なのはネットワーク部分で、一般的なイーサーネットワークインターフェイスを仮想化していないかららしい。

例えば VMware の場合、ゲスト VM を作成するとランダムな MAC アドレスが生成・付与される。 しかし Azure VNET 内の各 VM の NIC はMAC アドレスが全部 12:34:56:78:9a:bc になっている。 複数の VM があっても全部同一の MAC アドレスがついていることが分かる。 イーサーネットの仕組み上これでは通信ができないのだが、para-virtualization ドライバー経由で L2 のパケットが転送されてゲスト OS 上からは分からない仕組みで通信が出来ている。 これに関係するのか、ゲートウェイなどに ICMP がとならないので ping や traceroute は通じない。

Azure 用のカスタム OS イメージは 2020年10月11日の日記で苦労しているが、この特殊な作り方は Azure 固有のものだったようだ。 結局、Linux カーネルをカスタム OS イメージにするには以下の3点を守る必要がある。

(1) Linux カーネルのブートイメージ(initramfs イメージ)に Azure VM 用のドライバーを含めること

これを怠るとそもそも起動しない。

(2) Newtork Manager はオフにし、DHCP を受理すること

VM に IP アドレスが設定されないため、サービスための通信ができなくなる。

(3) Azure Linux Agent をインストールして、ブート時にスタートすること

Azure に VM が正常にデプロイされたことを通知できず、Azure Portal 上の表示がエラーになる。

また Network Manager は無効化しないと Azure Linux Agent は以下のような意味不明のエラーを表示する。

[ProtocolError] [CopyOvfEnv] Error mounting dvd: [OSUtilError] Failed to mount dvd device
Inner error: [mount -o ro -t udf,iso9660 /dev/sr0 /mnt/cdrom/secure] returned 32: mount: no medium found on /dev/sr0

Azure VNET のトラブル

Azure VNET(Virual Networks サービス)は [DNS Servers] の項目を設定することで、VNET 内に DHCP で配布する動的 IP アドレスの DHCP 情報を配信することができる。 VNET 内に DNS サーバーを立ててそれを VNET の [DNS Servers] に指定することはできるが、もし DNS サーバーがダウンしているなどで名前解決ができなくなると、DNS が引けなくなるだけではなく、IP アドレスを指定してインターネットに出ることもできなくなるという現象に見舞われた。

DNS サーバーだけが落ちていても、DNS 以外は動作すると思えるが、なぜか広範囲に影響が及ぶ。 原因は不明。

参考

  1. [20190626][Cloud][Network] Azure Networkの動きを追いかけてみるなど (2019/06/26)
  2. Microsoft Azure Virtual Networkについて調べた資料 (2019/03/09)
  3. JVHOOF | Networking in Microsoft Azure - Part I (2017/07/30)

11/7 (日)

歯科医院へ

11月17日に続きブレーメンホワイト歯科で銀の詰め物(アマルガム)の詰め替えを行う。 大昔に詰めたアマルガムだが、近年では危険性が指摘され保険治療から外されていたらしい。 白い歯科用プラスチックへ交換となる。


11/6 (土)

[Movie] エターナルズ

109シネマ港北で『エターナルズ』(原題: Eternals)の字幕版を観る。

昼過ぎに足を運んだのだが、109シネマ港北自体に客があまりいない。 シネマポイント会員だと1900円→1300円だと観れるサービスをやっているし、何か客が少ない原因があるのかしら?


先月の日記(2021年10月) 今月の日記(2021年11月) 来月の日記(2021年12月)
2002 | 10 | 11 | 12
2003 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2019 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2020 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2021 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
ホームページ | 最新のコメント50
インデックス: 食べ歩き | Java | プログラム | UNIX | 画像
最新の日記へのリンク | この日記ページをはてなアンテナに追加 この日記ページをはてなブックマークに追加
はてな ダイアリー アンテナ ブックマーク ブログ
Twitter | mixi | Facebook | Google+
slideshare | github | Qiita


Written by NAKAMURA Minoru, Email: nminoru atmark nminoru dot jp, Twitter:@nminoru_jp